ワキ脱毛に明日は無い

エピレの初心者用のコースはファーストプランという名称で、1人が生涯で1回しか使えない貴重なプランです。確か全5種類のプランだったと思いますが、その内容を見ていると両ワキ以外のパーツの脱毛プランにも関心が傾いていきそうなほど魅力的で、決定事項が覆ってしまいそうです。それじゃあ実際に、ミュゼプラチナムとエピレのどちらで「両ワキ+Vライン」の脱毛を施術してもらうのか。値段だけ見れば疑いもなくミュゼプラチナムに即決したいと思いがちですが、今よりも掘り下げて色んな事を調べたいと思いました。そんな時に参考にしたのが、エピレとミュゼプラチナムの違いを比較したこちらのサイトです。一方のエピレのファーストプランでも、「両ワキ」と「両ワキ+Vライン」のミュゼプラチナムと同様に2つのプランが用意されていますが、双方ともに同じ値段に設定されています。こんな実態を目の当たりにしてしまうと、「両ワキ」のみに捉われていたことが無益だったとさえ思えてきます。けれども今回は100パーセントワキ脱毛に焦点を合わせてからの脱毛サロン選びです。揺れる気持ちをグッと堪えながら調査を進めていきます。ワキ脱毛のプランをたくさん調べていくうちに、全く想定もしていなかったことにぶつかりました。それは、「ワキ脱毛単体だけだと損?」ということです。生まれて初めて脱毛サロンと契約することを心に誓った私は、一番始めは脇脱毛からとりかかってみようと判断しました。ワキ脱毛をメインにしている脱毛サロンを物色していると、絶対に出くわす脱毛サロンがありました。全国でもっとも多店舗展開していて、通っている人も断トツのミュゼプラチナムです。エピレとミュゼプラチナムを並べて見ていくと運営しているお店も少数で、率直な意見として知名度抜群の脱毛サロンと言えるレベルではないかもしれません。とはいうもののエピレでは、私のような脱毛初心者がとっつきやすい専用の体験コース的なプランがラインナップされていて、とっても好感が持てます。ミュゼプラチナムでは一番人気の脱毛プランは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」です。契約の有効期限も施術を受けられる回数にも縛りはなく追加料金も全然必要ないそうです。しかも料金はわずかに100円で、「両ワキ」1部位だけだと3
600円もします。割引が適用されるweb予約をしても2
600円と金額の差は比較にならないほどです。どこのサイトを見てもワキ脱毛ならミュゼプラチナムがイチオシとしていますが、他の脱毛サロンはないのかということも気になります。ミュゼプラチナムではないところでワキ脱毛がおすすめなのは、エステティックTBC傘下のエピレがあるという事実を知りました。でも脱毛サロンとの契約が初めての私はこの真相を知ったことで新しいハードルに出くわします。Vラインの脱毛が率直に言ってめちゃくちゃ恥ずかしいです。でも現実的にVラインもワキと等しく自己処理をしないわけにはいきません。勝負下着やトレンドの水着から顔をのぞかせそうな状況は回避すべきだとも思います。当初の決心とは方向転換することになりますが、これも下調べを手を抜かずにやった収穫だと前向きに捉えます。どの道いずれ受けるんだったら、オトクなプランが使える今同時にやっておくべきだと判断するのは逆に当たり前のことです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ