浮気が発覚したならば

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発覚したならば、結婚生活を続けていいのかどうか心が乱れますよね。そうならないように、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。
夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。
探偵に浮気調査をお願いして、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。相手が信頼できなくなってしまったら一生を共にするのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。
また、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したならば別れさせることも難しくはありません。
浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。
とはいえ、探偵への調査依頼は費用がかさむので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。探偵さんへの浮気調査の依頼には、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ調査料は変わってきますから、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。
実費は交通費、フイルムや現像料などをいいますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるかもしれません。
時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。短い期間で浮気調査を終えると支払い額も安くなります。
相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。
ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ